株式会社 新講社
ホーム 新刊案内 検索 読者レビュー 立ち読み ご注文方法 お問い合わせ


画像をクリックすると
「立ち読み」ができます。


笑うとなぜいいか?

精神科医 
斎藤茂太 

判型 ワイド新書
ページ数 190ページ
初版年月日 2015年09月25日
ISBN 978-4-86081-536-3
Cコード C0295
価格 本体価格900円+税
ジャンル 心理系


解説文
 「笑いの効用」として、医学的には、脳が元気になる、免疫力が高まる、など
が挙げられますが、著者はその他にも人生のいたるところで笑いが必要だといい
ます。

 笑いのある人生は、「急がず、あせらず、愉しみながら悠々と生きる」という
著者の人生観とも重なっています。

 笑いは、人間関係の潤滑油で、ストレスを軽減し、日々の「心の明るさ」を保
ちます。笑いと幸せ感は直結しているのです。

 ●ユーモアとは、「にもかかわらず」笑うこと
 ●「笑いたいけど、笑えない」という人のための傾向と対策
 ●「足りない」不満は「笑い」で満たそう
 ●どうってことない、笑っていればなんとかなる
 ●老いには老いの「愛嬌」が生まれる
 ●「無邪気に笑う」が幸せの元
 ●いっしょに笑い合える人がいることの幸せ
 ●批判は人の耳をふさぐ、笑いは人の耳を開ける
 ●「笑い」は人生の特効薬にして万能薬 (他)

 読み進めるうちに「笑いの効用」が発揮され、読者自身が元気になる、という
仕掛けになっている本です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◎本書は『人は「笑った数」だけ元気になる』(小社刊)を改題し、再編集し新版
です。

関連情報 立ち読みがご覧いただけます。

目次を見る

■各オンライン書店にて購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
 

 
 
株式会社 新講社 〒102-0072 東京都飯田橋4-4-9-410 TEL 03-3234-2393 FAX 03-3234-2392
Copyright(c)2009 Shinkosha.All right reserved.