株式会社 新講社
ホーム 新刊案内 検索 読者レビュー 立ち読み ご注文方法 お問い合わせ


画像をクリックすると
「立ち読み」ができます。


絶家を思う
これからも代々の家系を守れるか 墓を維持できるか
長宗我部家17代当主 
長宗我部友親 

判型 四六判並製
ページ数 189ページ
初版年月日 2017年03月09日
ISBN 978-4-86081-553-0
Cコード C0095
価格 本体価格1,400円+税
ジャンル 雑学・文芸・実用


解説文
 今日の少子高齢化の時代、「墓移し」「墓じまい」、また「無葬」に関心が
集まっています。

 先祖や親の墓をどう守っていくか、あるいは次の代に負担をかけることなく、
どう対処したらいいのか。

 本書の著者は、共同通信経済部長を経たジャーナリストであり、長宗我部元親
の末弟、親房から17代目の当主。

 (長宗我部親房からの家系も自分の代で終わるかもしれない・・・関連の墓所は
どうする・・・)
 
 代々の先祖への思いは深く、当主としての重い任を自覚しつつも、現実の壁の
前に立ちすくみます。

 今日、どの家庭でも一度は考えねばならない課題をテーマとした長宗我部家当
主による歴史的、独白的渾身のエッセーです。

関連情報 立ち読みがご覧いただけます。

目次を見る

■各オンライン書店にて購入できます。以下のバナーをクリックしてください。
 

 
 
株式会社 新講社 〒102-0072 東京都飯田橋4-4-9-410 TEL 03-3234-2393 FAX 03-3234-2392
Copyright(c)2009 Shinkosha.All right reserved.